DBA博士課程 −

Doctor Course

中央大学ビジネススクールは、社会人に特化したビジネススクール(MBAコース)です。この特徴をそのままに、社会人のための博士課程 (DBAコース)(正式名称:戦略経営研究科ビジネス科学専攻)を持っています。所属学生は、企業に勤務しながら、消費者行動研究の力を身につけることで、「博士(経営管理)」の学位の取得を目指していきます。

具体的には、消費者行動論の知識と研究方法やデータ分析の方法を学ぶことで、国内外への学術論文への掲載を目指していきます。学位取得後の進路としては、マーケティングや消費者行動分析に関する専門職、大学教員などがあげられます。

中央大学ビジネススクールのMBAコースに入学するときから、博士課程の進学を目指している人もいます。また、中央大学以外の修士課程(MBAコース)を修了した方も入学することが可能です。入学前にプレDBAコースで在籍し、準備期間を置くこともできます。詳細は、松下までお問い合わせください。

所属院生

2017年4月 入学
田端 洋 
株式会社リクルート
2017年4月 入学
春野玄臣 
デロイト トーマツ コンサルティング

研究成果
(MBAコース修了学生の研究成果、プレDBAコース生の研究成果を含む)

査読付き論文

田端 洋 (印刷中),
「ブランドの失敗から企業イメージを守るコーポレート・コミュニケーションの研究 ──消費者行動研究の知見に基づく事前対策領域へのアプローチ──」『広報研究』
春野玄臣 (2017),
「配偶者の影響を取り入れた顧客満足モデルの構築」『生命保険経営』 第85巻第5号, 47–62
山口高廣 (2012),
「銀行窓販における顧客の知覚品質と満足度について」『生命保険経営』 第80巻第4号, 23–51.

学会発表

PAGE
TOP