消費者行動とマーケティング HOME  >  プロジェクト研究

プロジェクト研究

コラム

働きながら論文を書いてみた

中央大学ビジネススクールは、実務家が働きながら通うビジネススクールであるのにも関わらず、実に8割を超える方々(2012年3月修了3期生の例)が必修単位でもないのに関わらず2年時に「論文」を執筆することを選択します。

ビジネススクールをご存じない方は疑問に思うかもしれません。

「実務に役立てるために大学に通っているのに、なぜ『論文』なんて書くのか?仕事に関係ないでしょ」と。

そこで、4名の学生の方々に、論文執筆を体験した率直な感想をいただくことにしました。題して「働きながら論文を書いてみた」。

なぜビジネススクールで働きながら論文を書いたのか。その理由の一端がわかるかもしれません。

3期生

 

Copyright ©2010 Koji Matsushita All Rights reserved.