消費者行動とマーケティング HOME  >  プロジェクト研究

プロジェクト研究

プロジェクト研究 3期生

笠間 亜紀子

所属企業/業界

新聞業界

研究テーマ

有料デジタルニュース選びで何が重要視されるのか
―コンジョイント分析の報道分野への適用―

松下研究室とは?

厳しくも温かな指導とゼミ生たちとの語らいにより、個々の関心領域や課題を整理していく場です。

好きな消費者行動研究ワード

低関与と高関与
この言葉を意識することで、自分の消費行動パターンの多くが腑に落ちたので。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

学内は知の刺激に満ちています。関心を抱いたときが学びのためのチャンスです。いろいろ重なると半端なく大変ではありますが、まず一歩踏み出してみることをお勧めします。

伊藤 真由美

所属企業/業界

研究テーマ

コンビニエンス・ストアの業態価値に関する考察
―ID付きPOSを活用したストア・ロイヤルティの実証研究―

松下研究室とは?

仲間との活発なディスカッションの中、さまざまな消費者視点に出合える場です!

好きな消費者行動研究ワード

非計画購買
飲み会の帰りに必ず立ち寄ってしまうコンビニ。購買意思決定プロセスが働いているとは思えない状況なのになぜか大量の買い物。その理由はいまだ不明……。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクールと仕事との両立は大変ですが、想像以上の学びが必ずあると思います。そして多くの仲間にも出会えます。きっとかけがえのない2年間になりますよ!

水師 裕

所属企業/業界

広告会社

研究テーマ

二次的連想の源泉としてのブランデッド・コンテンツ
―その物語性がブランド・エクイティに及ぼす影響についての実証研究―

松下研究室とは?

修了してみて,当研究室が特に優れていたと思われてくるのは、
先生の志の高さが生徒に高いレベルで伝播していた点です。
知らず知らずのうちに生徒達は自分の限界を越えていく。
そして、その先に見えるものは…!?

好きな消費者行動研究ワード

「知識」「記憶」
これらを操作してやろう!と思い立つこと自体が虚業のように思われるが、
なぜ虚業のようなこの試みに人々は大挙して虜になり続けるのだろうか?

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクール自体が役に立つか役に立たないかについて気にする前に、自分
自身が何について学びたいのか、何について分かりたいのかを真剣に考える必要
があると思います。そのことを明確に認識していないと、入学した後で自分の軸
がぶれるからです。仕事をつづけながらですと、尚更だと思います。

山口 高廣

所属企業/業界

生命保険会社 (営業企画部にて各種営業戦略立案・支援業務を担当)

研究テーマ

銀行窓販における消費者の知覚品質が満足度およびロイヤルティに与える影響について
―共分散構造分析による銀行窓販版顧客満足度・ロイヤルティモデルの構築―

松下研究室とは?

毎週、ほどよい緊張感の中、先生の温かくも厳しいご指導をいただきながら、知の探究を行うところ。また常に「自分はどうしたいのか」という主体性が求められる場かと思います。受身な人には向いていません。雰囲気はアットホームですよ。

好きな消費者行動研究ワード

認知的不協和の解消
衝動買いが多い自分にとって、なじみが深いから。(いつも無駄な買い物をしてしまった時に、一瞬後悔しますが、すぐに理屈をつけて、”最良の選択をした”と自分に言い聞かせています。しかし、その結果、不要なモノが増えてしまっています。。)

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクールは、日々の業務において強い課題認識を持ち、それを解決するためにわざわざ時間とおカネを費やす社会人が集合する場です。従って皆モチベーションは高く、授業や学外での交流を通じて、お互いに切磋琢磨しあえる最高の仲間が得られます。迷っていたらぜひチャレンジすることをお勧めします。

川田 潤

所属企業/業界

印刷会社

研究テーマ

電子書籍・雑誌の購買意思決定に影響を与える要因とは
―知識転移概念に基づく購買モデルの構築―

松下研究室とは?

自己研鑽の場です。先生からのアドバイスはもちろん、仲間からも様々な知見を得ることができます。(自分はもらってばかりで提供できていないかもしれませんが・・・)
雰囲気はアットホームですが、適度な緊張感もあります。

好きな消費者行動研究ワード

関与
今までお取り寄せをしたことはなかったのですが、最近お気に入りの食品を発見しお取り寄せをしてみたいという気持ちになったので、関与を身近に感じるようになりました。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクールはただ実務に直結した知識を得る場というわけではなく、様々な業界の人たちと交流が出来る場です。普段、社内の人としか関わりがない人には、新しい世界が拓けるので特にお勧めです。また、世代が違っても対等な立場で磋琢磨出来るので、若い人こそどんどんチャレンジして欲しいと思います。

能戸 淳

所属企業/業界

資産運用会社

研究テーマ

消費者の金融商品選択行動

松下研究室とは?

入室して間もないので、よくわかりません。でも雰囲気は良いですよ。

好きな消費者行動研究ワード

認知的不協和
自分の人生そのもののキーワードだから。開き直って無理やり行動と認知を変えて不協和を低減すれば、どんな局面でも人生うまくいく。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

仕事と家庭とビジネススクール、そして将来の夢…。「アイツは異常だぜ」と言われるぐらいのパワーがあれば全部両立可能です。ただし、私のように成績がどうなるかわかりませんが(笑)。強烈な個性をお持ちの方、お待ちしています。

 

Copyright ©2010 Koji Matsushita All Rights reserved.