消費者行動とマーケティング HOME  >  プロジェクト研究

プロジェクト研究

プロジェクト研究 2期生

2期生になり研究テーマは一気に多様化。ビジネススクール教員としての幅を広げさせてもらいました。なお、転職、業務多忙、その他・・・、皆さんを取り巻く環境に多くの変化があったこともあり、研究の進捗状況について最後までドキドキした代でもありました。もちろん最後はキッチリ間に合わせてもらいました(1期生からの伝統か!)。

震災直後のビジネススクール修了。忘れられない学位授与式となりました。
2期生の面々 終了後の食事会にて 2011年4月23日

金子 元輝

所属企業/業界

研究テーマ

女性のライフコースの変化と女児玩具の流行の関連性についての考察

松下研究室とは?

修業の場

好きな消費者行動研究ワード

廃棄
あまり語られる事のない行動だから。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクールは、世の中の出来事、自分が携わっている仕事や業界について、改めて客観的に考え、見つめ直すには良い場所だと思います。その中でも松下先生の授業&指導はとても丁寧かつ的確で、きっと役に立つ示唆が得られると思います。

瀬尾 洋徳

所属企業/業界

研究テーマ

株式会社ポイント(ビジネスケース)

松下研究室とは?

非常にアットホームな雰囲気で、『笑顔』が絶えない研究室です。
先生とも生徒同士も自由闊達な意見交換をすることができ、とても勉強になります。
卒業しても、松下研究室ゼミ生同士でずっと交流を続けていきたいなぁと思います。

好きな消費者行動研究ワード

延期
『終わりよければ、すべて良し!!!』(笑)
言い方良くすると、ラストスパート型で何事も片付けようとします!
いわゆる、計画的に動くことを苦手としています。。。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクールは、年齢・所属業界に関係なく前向きな仲間と出会える場所です。
職場とは違う刺激を受けることにより、自分自身の成長エンジンを加速出来ると思います。
皆さんと一緒に議論や意見交換を出来ることを楽しみにしております。

木村 祐輔

所属企業/業界

道路関係

研究テーマ

ドライブ旅行時における寄り道行動の研究

松下研究室とは?

ある意味「休息」。日々新しい企画やらサービスやらを追いかけている中で、立ち止まって自らの業務の意味などを考えさせられる場所になっています。業務を進めているだけでは、分からなかった新たな発見などもあって、非常に刺激的です。

好きな消費者行動研究ワード

「中関与」かな・・・
業務に関すること全てに高関与すぎるので、余裕を持った中関与も覚えたい。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

ビジネススクールに入った当初、今の自分に役立つことを本当に学ぶことができるのか?!と半信半疑でしたが、今では学んだことを業務に生かしまくっています。普段業務を行っているだけでは、持ちづらい様々な視点で物事を捉えることが多く、毎回が新鮮。ビジネススクールへの入学は、考え方の幅を広げるには、最良な選択かと。

石橋 将也

所属企業/業界

遊園地・テーマパーク業界

研究テーマ

新たな要因を考慮した顧客満足モデルの拡張 —他者満足認知の導入—

松下研究室とは?

週に一度、研究の進捗(してない)度を共有する安らぎの場

好きな消費者行動研究ワード

顧客満足モデルとしてのパフォーマンスモデル
顧客満足には事前の期待なんて関係なくやっぱり知覚品質が影響すると思います。

ビジネススクールに関心のあるみなさんへ

私は会社では新卒で入社以来法務の仕事をしておりますが、他の分野についても学ぶことで成長でき、今の仕事の質も高まるのではないかと考えてCBSに入学しました。入学した時は入社4年目でまだ早いのではないかとも思いました。確かに授業では議論についていけないときもありましたが、この時期にCBSで学んだことで、早くに会社というものが何なのかを感覚的に理解し、より高く広い視野が得られたことは、大きなアドバンテージになっていると思います。ビジネススクールに興味がある同年代の方々には、ぜひチャレンジしてみることをお勧めします。
 

Copyright ©2010 Koji Matsushita All Rights reserved.