講義

「消費者行動論」グループ発表・授業内講演を実施しました

2011年M2(2011年6月〜8月)「消費者行動論」の講義に、ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長出口治明様と同社マーケティング部堀江泰夫様をお招きして、グループ発表を行いました。出口社長には、「生保の将来」というタイトルで授業内講演もしていただきました。

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長出口治明様
ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長出口治明様
「消費者行動論」グループ発表

今回の消費者行動論のグループワークでは、「生命保険の消費者行動分析、および分析にもとづくライフネット生命のマーケティング戦略の提案」を課題として取りあげました。

学生は、講義の中間時に実施された、同社マーケティング部長 松岡洋平様のご講演(その様子はこちらをご覧ください)を受けてグループワークを実施し、今回の最終発表に臨みました。私見ではありますが、各グループの最終プレゼンテーションでは、消費者行動分析を踏まえた、いくつかの実行可能な戦略案が提示されたのではないかと感じています。

発表後の質疑応答は、学生の皆さんがグループワークにおいて生じた疑問点を出口社長や堀江様に質問をする形式で進行し、お二人にはすべての質問に率直にお答えいただきました。勉強後の疑問点を確認できたという意味で、学生の皆さんは非常に勉強になったはずです。「この先、出口社長がいなくなったら・・・」などという、教員にとってはヒヤヒヤする話題も出ましたが(苦笑)。

全体として、心地よい緊張感のなかで行われた良いプレゼン・質疑であったと思います。なお、堀江様には、発表終了後も残っていただき、学生の皆さんと昼食もご一緒していただきました。長時間お付き合いいただきました、出口社長、堀江様、本当にありがとうございました。

今回の講義において、急なご依頼にもかかわらず、多大なるご協力をいただきました、ライフネット生命保険株式会社の皆様に心より感謝申し上げます。また、今回の授業のきっかけを作っていただいた、株式会社メディックス 山本祐二様にも併せて御礼申し上げます。

最後になりますが、業務多忙ななか、授業や発表のレベルアップに力を注いでいただいた学生の皆さんにも感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

Copyright ©2010 Koji Matsushita All Rights reserved.