松下研究会

第4回 ケース勉強会「株式会社ポイント」

2011年9月4日(金) 中央大学後楽園キャンパス

今回の松下研究会は、これまでと趣向を変えて、ケース勉強会を実施しました。私が作成した新作ケース「株式会社ポイント」について、中大ビジネススクールのマーケティング分野の修了生や在学生とみなさんと議論をしようという初めての試みです。新作ケースのねらいは以下の通りです。

株式会社ポイント ケースのねらい

第4回ケース勉強会終了後の様子

ローリーズファームやグローバルワークといったブランドを有する、ファッション・カジュアルの専門店チェーン「株式会社ポイント」は、適度に流行を取り入れた服を、手頃な価格で流行に遅れることなく素早く投入できることに強みを持ち、急成長を遂げてきた。しかし、近年、その成長の勢いは若干の陰りを見せていた。その理由として考えられることは2つあった。流行を追い求めるあまりにブランドの個性がぼやけてしまっていること、競合他社がこのビジネス・モデルを模倣し、差別化が困難になってきていることであった。
 本ケースでは、ポイントが、自社の強みを維持しながら、ブランド強化を目指していくために採用すべき方法について議論をする。

急な開催のお知らせにも関わらず、松下研究室だけでなく、田中洋研究室中村博研究室の修了生のみなさんも含めて15名の皆さんにご出席いただくことができました。ありがとうございました。私としては、ケースリードをするうえで非常に参考になる貴重な意見をお伺いすることができました。この場を借りて感謝申し上げます。

今回の試みで、他の研究室の修了生も交えての勉強や交流は、非常に貴重な機会であると感じたしだいです。松下研究室の研究会のなかでも、このような機会をまた設けていきたいと思います。修了生のみなさんぜひご参加ください!

写真は勉強会終了後の様子です。念のため!

(文責 松下 光司)

 

Copyright ©2010 Koji Matsushita All Rights reserved.