松下研究会

第2回 「便所紙屋のマーケティング:nepiaブランドのつくり方」

王子ネピア株式会社 マーケティング本部商品企画部 部長 今 敏之 様

2010年11月26日(金) 中央大学後楽園キャンパス

王子ネピア株式会社 マーケティング本部商品企画部 部長 今 敏之 様
王子ネピア株式会社 マーケティング本部商品企画部 部長 今 敏之 様

第2回のスピーカーは、王子ネピア株式会社のマーケティング本部商品企画部 部長 今 敏之 様です。王子ネピア株式会社は、王子製紙グループで、消費者が日常的に使用しているティッシュペーパーやトイレットロールなどの製造や販売を行っている会社です。

第2回の研究会では、先進的なCSRの取り組み事例を王子ネピアの今様からご紹介していただけることになりました。CSRのマーケティングへの活用、コモディティ化からの脱出、など様々な観点で議論がされる予定です。講演終了後に予定されている懇親会も楽しみです。

今回の講演では、企業スローガンの「やわらかハート」のもと行っているマーケティング戦略と、同社の様々なCSR活動の中の一つ、「nepia千のトイレプロジェクト」に関するお話をしていただきました。

多くの商品がコモディティ化しているといわれる昨今、王子ネピアは、大変ユニークで、そして「やわらかハート」溢れるマーケティング活動で注目をあびています。

CSR活動では、2007年から開始された「うんち教室」。日本の小学校で実施し、参加した子ども達、保護者や先生達から大変高く評価されています。また、世界にも目を向け、2008年から始まった「nepia 千のトイレプロジェクト」では、ユニセフの活動を支援する形で、衛生習慣の定着活動を行い、子どもとその家族の命と健康を守るための取り組みをされています。

講演の参加者は、王子ネピアの企業ブランドを軸とした一貫した取り組みに関するお話を、大変興味深く、そして多くの示唆に富む貴重な時間を過ごさせていただきました。何より、今部長のエネルギッシュで魅力溢れるお人柄に感化され、良いパワーをもらった気がします。今後の王子ネピアの活動を、応援し見守っていきたいと思っています。

王子ネピアからご出席された、今部長、斎藤様、大堀様には、お忙しい中、貴重なお時間をいただき大変感謝しております。ありがとうございました。講演後の懇親会でも、さらに深いお話が伺え、今ファン、いえ、王子ネピアファンが増えたことは、言うまでもありません。

(文責 2.5期 久保田 智子)

 

Copyright ©2010 Koji Matsushita All Rights reserved.